将来を考えて

だいぶパソコン使えるね!

友達や先生からの評価が高くなります

できるだけ早い時期に

正しい操作を見につける

パソコンスクールに通えばパソコンを早く正確に使えるようになります。

そして得意科目になります!

小中学校、高校や大学ではパソコンは技術・家庭科や情報処理として授業科目になりました。

10代のパソコン習得は楽しみながら早く覚えてしまいます

パソコンを得意科目にするか、苦手科目にするか。

事前に出来るようにしておけば、学校の授業も楽しく得意科目として成績の向上に繋がります。更に大きなことは将来必ず活かせる技術を早いうちに習得できることです。

 

検定試験の合格は

将来に向けた大きな力

検定合格は高校受験の内申として加点材料になります。この中学生も高校入試の面接で検定を取得した事をアピールし志望校への合格に繋がりました。面接時に褒めてもらえたそうです^^

学校の授業ではパソコンの操作力をアピールして内申点のアップ!高校受験では、内申点の1点は大きな存在です。

高校生・大学生・短大生・専門学校生は授業での成績アップやレポート作成、卒業論文。そして、就職活動で最大限に活かしましょう!

履歴書の資格・検定欄を埋めることで書類選考が通過しやすくなります。また、面接でも検定合格に向けた努力をアピール!入社後のパソコン活用も自信を持って伝えることができます。

 

パソコンの習得は

将来に繋がる大切な技術です

いろいろな夢を持って高校や大学に進学します。

学生生活を送る中で多くの友人や環境から価値観も成長し将来の進路も変わってきます。

パソコンはどんな職業でも役立ちます。進路変更してもパソコンの操作技術は通用します。

ニフティでのパソコン習得や検定合格が自信になって多くの方が希望の職種へ就職することが出来ました。ひとりひとりの夢に向かってインストラクターも一緒にに応援します!